細かい作業や夜間の車の運転には向かない

細かい作業や夜間の車の運転には向かない

多焦点眼内レンズはそれこそ、白内障の治療のために水晶体を摘出させた方が、摘出した水晶体の代わりに挿入するレンズなので、白内障がある方はする実現性があるのです。多焦点眼内レンズは、遠方と近方に焦点を合わせることができるが、中方という思い方もあり近すぎず遠すぎずの距離を見たいという人も適しているのです。たとえると仕事上、生活上あるいは審美上、メガネを装着したくありませんが裸眼で過ごすことが簡単ではないだろうかという方は、多焦点眼内レンズが適応となるのでしょう。さらに、遠くのものと近くのものを両方同じようにらい見ないそしたらなることはないのだという仕事をされてる方や、日常的に運転をする方も適応となるんです。多焦点眼内レンズを使用した場合、メガネを使用しないとしましても日常生活が出来るという点はよくなったのですけど、もっとも細かい作業や夜間の車の運転には向かない場合があげられます。ある意味メガネをしても解決しない場合があげられます。非常に細かい文字や図表などを見た時は、色が薄く見られてくっきりしないと感じる可能性があげられます(コントラスト感度の低下)。

トップへ戻る