眼科医療の技術が「多焦点眼内レンズ」

眼科医療の技術が「多焦点眼内レンズ」

先進医療とは厚生労働省が認めた先進医療技術で一般の生命保険の適応が許させられることになる制度です。先進医療特約を使って治療を受けることができるシステムで、最初は自分で支払うのですが後日、保険会社から全額払い戻しさせられる仕掛けとなっています。さらに、先進医療とは厚生労働省が認めて今後 国民健康保険適応となって行くであろう先進の医療技術を試し段階として暫く実績を見て、厚生労働省が評価して健康保険に取り入れた方が良かったのではないのだという事を判断やるめのテスト段階として位置づけられてる医療認定制度のことなのです。その先進医療として認められました眼科医療の技術が「多焦点眼内レンズ」なんです。多焦点眼内レンズは健康保険の適用がありませんので高額になってくるのですけど、先進医療に該当するタイプの多焦点眼内レンズは保険給付の対象となるんですので、現金をかけてしまいもメガネをかけたくない人には向いているのです。ご希望の方は先進医療特約保険に加入されてるかご確認ください。

トップへ戻る