再手術が必要となるとき

再手術が必要となるとき

多焦点レンズ手術を受けるにあたり最も重要となるんですのが、レンズの選択です。レンズの製造メーカーによりまして特徴があって、挿入後の見え方が変わりますので、患者さんご自身のライフスタイルに合った多焦点眼内レンズを、医師とよく相談して決めるってことが大切です。さらに、白内障の手術前とは見え方が変化してしまうため、最初は戸惑われている方も多くおられます。数か月で徐々に慣れていくことはできますが、中には再手術を行ってレンズを差し替えることもあるのです(ただ、もっとも稀です)。また、後発白内障と言い、多焦点眼内レンズ手術を受けたことにより水晶体を覆ってる袋が徐々に白濁していってしまうことがあげられます。この場合も、再手術が必要です。多焦点眼内レンズは単焦点レンズに比べてかなり微妙な調整が必要です。乱視の影響、年齢の影響もあるので診察や検査をして適応するか調べます。うまく適合したひとの喜びはでかくなったのですがときおり多焦点レンズの特徴に慣れないひとがあり多焦点レンズを単焦点レンズに入れ替えることが必要なってしまうこともあげられます。

トップへ戻る